アイケア

私流のまつエクのケア方法!まつエクを長持ちさせる方法

今回は、私なりのまつエクのケア方法をご紹介します。
サロンの人ではないので、あくまでも個人的な意見になります。ご了承ください。

私流のまつエクのケア方法

まつエクの弱点は、水・オイル・衝撃(摩擦)です。これらに気をつけるだけで、まつエクは十分に長持ちします。それでは、私流のまつエクのケア方法をご紹介します。

1.まつエクをつけてから10時間以上は濡らさない!

まず大切なのは、まつエクをつけてからです。サロンでは5~7時間ほど濡らさないでください、といわれますが、10時間以上、1日程度は濡らさない方が良いと思います。

まつエクをつける日は、当日の朝にお風呂に入る、次の日の朝にお風呂に入るなど、施術後になるべく濡らさないような環境にすることをおすすめします。

2.衝撃や摩擦をあたえない

目をこすったり、うつ伏せで寝たりして、まつげに衝撃や摩擦を与えないように心がけると◎。アイマスクも、まつエクをしている場合は、しないほうが良いです。

3.濡れたらすぐに乾かす

お風呂上がりや朝の洗顔後など、まつエクが濡れたらドライヤーですぐに乾かします。濡れたままで放置すると、まつエクが取れやすくなる気がします。

4.こまめに美容液を塗る

美容液は、安くてもOK。塗らないよりも塗ったほうが長持ちするような気がします。

5.まつエクの流れを整える

まつエク専用のブラシで、常にまつげの流れを整えることも大切だと思います。ブラシは、まゆげを整えるブラシでもOK。100円ショップでも売っていますよ。もちろん、美容液のブラシで整えても問題ありません。

【おすすめまつげ用ブラシ】
私はダイソーのUR GLAMのまつげエクステ用スクリューブラシを使っています。まゆげを整えるスクリューブラシでもOK。まつげエクステ用とまゆげ用の違いは、ブラシです。まつげエクステ用は、シリコン製で、まゆげ用はたわしのようなブラシになっています。
まゆげ用といっていますが、まつげにもOKと記載されています!

まつげブラシダイソーのまつげブラシ

ケアを心がけることで長持ち!

私はこの5つを心がけて、1か月は十分に持ちます。濡れたらすぐに乾かす、美容液でケアをするだけでも持ちが違います。

また、まつげに目ヤニやメイク汚れが詰まってしまうときは、ロート製薬のメシルがおすすめです。アイシャンプーなのですが、まつエクでも使えて、汚れがスッキリします。気になる方はぜひ試してみてください!